妊娠中でも脱毛したい!と思ったら

妊娠中でも脱毛したい!と思ったら

 

妊娠していてもムダな毛は生えてしまうもの。薄着をする季節だとムダ毛が気になりますよね。でも妊娠中はどうやって脱毛したらいいの?サロン脱毛はできる?赤ちゃんに影響は?初めてだと心配になることも多いと思います。まずクリニックやサロンでは妊娠中の脱毛は断られるケースが多いようです。これは光やレーザーなどの施術が胎児に影響を与えるからではなく、脱毛時の痛みや刺激、ストレスが母体に良くないこと、また妊娠中はホルモンバランスの変化により肌トラブルが起きやすくなることが理由です。

 

妊娠中は急に体調が変化することも多くあります。つわりやお腹の張りがいつ起こるかわからない中、クリニックやサロンで施術してもらうのは控え、自宅での脱毛・除毛処理に留めたほうが安心です。すでにクリニックやサロンに通っている場合は一時休会や契約期間延長などの対応をしてもらえることもあるので、無理に通わず妊娠がわかった時点で相談してみるといいかもしれません。

 

妊娠中でも脱毛したい!と思ったら

 

では自宅でのケアはどのような点に注意すればいいでしょうか。自宅でのケアでもやはり母体に刺激の少ない方法で行ったほうがいいと思います。最近では自宅で使える脱毛・除毛グッズも多くなりました。ワックスや除毛クリームなどの肌への刺激があるものは肌トラブルにも繋がりやすくなるので、妊娠中の使用が可能か説明書を確認のうえで使いましょう。毛抜きを使って脱毛する方法も肌が敏感になっている時期はいつもより痛みがあります。お腹が大きくなってくると同じ態勢でいるのも辛いので、時間のかかる毛抜き脱毛は控えたほうがいいでしょう。おすすめはカミソリを使った除毛です。

 

石鹸やジェルを使い優しくシェービングした後、ローションやクリームで保湿しておけば肌への負担は減らせます。とはいえ毎日行えば肌への負担は大きくなってしまうので、お出かけする前日や肌の露出が多い時などに制限して脱毛・除毛回数を極力減らし、お肌をいたわってあげられるといいですね。妊娠中は産毛が増えたり今までムダ毛を意識していなかった個所も気になりだすことがあるかもしれません。しかし普段と違い肌がとても敏感になりやすい時期なので、自分の体調やお肌の状態をしっかりと把握し、それに合わせた無理のない脱毛処理やケアを心掛けましょう。