何を着ていく?脱毛サロンへ行くときの服装はコレ!

何を着ていく?脱毛サロンへ行くときの服装はコレ!

 

脱毛サロンを利用する際にコース内容や施術方法は確認しておきますが、当日の服装まではなかなか気が回りませんよね。施術当日に慌てないように何を着ていけばいいのかチェックしてみましょう。結論から言うと基本的に「なんでもいい」です。多くのサロンではガウンやキャミソールなどの施術着が用意されていて施術前に着替えます。そのためサロンに行くまでの服装を指定されるということはあまりありません。

 

仕事帰りや他の用事と合わせて外出している時など服装が制限されていないのは助かりますね。ただ気を付けなければならない点もあるようです。友人は夏前に脱毛サロンに通っていたのですが、サロンに行っても施術してもらえなかったことがあるそうです。理由は日焼け。その日はイベントで外にいることが多く思った以上に日に焼けてしまっていたそうです。肌に炎症がある状態だと肌トラブルが起きやすいのでその日の施術は諦めたとのこと。

 

何を着ていく?脱毛サロンへ行くときの服装はコレ!

 

その日だけでは施術を断られるくらい日焼けする可能性は低いかと思いますが、夏場や日差しの強い時期には油断は禁物。当日施術する部分が焼けないような服装が望ましいでしょう。施術後も部位によっては避けたほうがよい服装があります。施術後の肌は刺激に敏感、デリケートな部分ほどより敏感になるのでそのような部位を脱毛した際には注意が必要です。例えばVIO部分を脱毛した直後にストッキングやタイツなどの体を締め付けるものは避けたほうが無難でしょう。またサロンによっては着替えの時間も施術時間に含まれるので、脱ぎ着しやすい服装がオススメです。

 

アクセサリーも取り外しにくいものはやめておきましょう。どうせなら施術にゆっくり時間をかけたいですよね。上下が分かれた服ならサッと着替えられますし、施術部位によってはどちらかを脱ぐ必要がないこともあります。ワキ脱毛ならキャミソールを下に着ておけば上着を脱ぐだけで着替え自体しなくてもいいサロンもあるので時間短縮になります。基本的にはなんでもいい脱毛時の服装ですが、せっかくなら自分が得する服装を心掛けたいですよね。できれば事前に施術時の服装についてスタッフに確認しておき、その日の施術部位に合わせた服装ができるとベストだと思います。